2018年09月17日

険しい岩稜の山、戸隠山を歩く

2018年7月14日(土)戸隠山

屏風のように立つ岩稜の山、核心部の蟻の刀渡りは迫力がありました。

20180716-125.jpg
戸隠山山頂から高妻山を望む

posted by とぼおじさん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本二百名山

信仰の山、英彦山を歩く

2018年6月24日(日)英彦山

日本三大修験道の霊山、「日の神の子」の山といわれる英彦山(ひこさん)を歩いてきました。
別所駐車所から九州自然道を北岳方面に周回しましたが、苔むした趣のある登山道はすばらしかった。英彦山のシンボル、樹齢1200年の鬼杉は迫力満点でした!

  • 英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町にまたがる標高1,199mの山である。
  • 耶馬日田英彦山国定公園の一部をなす。
  • 日本百景・日本二百名山の一つ。また、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。国の史跡に指定されている。
<出典:ウィキペディア>








posted by とぼおじさん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本二百名山

脊振山をお手軽登山

2018年6月23日(土)脊振山

新潟県の三百名山、脊振山(せふりさん)を歩いてきました。
ガスで展望がなかったのと移動中の立ち寄りだったので、車で山頂駐車場まで行きました。
ガスの中のレーダー(航空自衛隊)は何となくSFチックで面白かった!

  • 脊振山(せふりさん)は、福岡県福岡市早良区と佐賀県神埼市との境に位置する標高1,054.6m、脊振山系最高峰の山である。日本三百名山の一つ。山頂には、航空自衛隊、アメリカ軍のレーダーサイト(脊振山分屯基地)がある。
  •  江戸後期までは、脊振山ではなく、廣瀧山という。廣瀧山の麓に武家の廣瀧家を中心として村を築き、住んでいた。廣瀧家は織田家の正式な家紋と同一で、五つ木瓜。。
<出典:ウィキペディア>








posted by とぼおじさん at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本三百名山

粟ヶ岳登山

2018年6月15日(金)粟ヶ岳登山

新潟県の三百名山、粟ヶ岳(あわがたけ)を歩いてきました。
直前にネット情報で山ビルが多い山ということを知り、ちょっと躊躇しましたが数匹見かけただけで済みました。
地元の登山者に聞いたところ、最近は年々減ってきているとのことでした。安心して登って大丈夫だと思います。

  • 粟ヶ岳(あわがたけ)は、新潟県加茂市と三条市の境、県のほぼ中央にある標高1,293mの山である。日本三百名山の一つ。
  • 天気が良い時は、その三合目付近から、弥彦山、角田山、佐渡島を望むことができる。
  • また、水源池第1ダムの水面に映る本岳は、四季折々に美しい表情を見ることができる。
  • ここには、粟ヶ岳県民休養地があり、登山道、ハイキングコース、キャンプ場などの施設が整備されているほか、炭焼体験施設もある。
<出典:ウィキペディア>












20180518-171.jpg
大栃平から山頂を望む

posted by とぼおじさん at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本三百名山

2018年08月05日

赤倉沢から会津朝日岳

2018年6月14日(木)会津朝日岳
メンバー:単独・日帰り

福島県只見町から桧枝岐にかけて広がる駒。朝日山群、その北のはずれにに位置する会津朝日岳を登ってきました。イワナの里のある赤倉沢からのルートは豊かなブナ林の森を歩く癒しのコース。しかし山頂近くは険しい岩肌や深くえぐられた谷の荒々しさも残されています。6月半ばにしていまだ残雪の残る奥深い山、とても魅力的な山でありました。

20180614aizuasahi.jpg
距離12km、累積標高差1560m、所要時間8時間半

20180614aizuasahi_root.jpg
赤倉沢登山口−叶の高手−山頂(往復)

20180614-001.jpg
赤倉沢の登山口には広い駐車場があります。(イワナの里の先)
登山口の看板も新しくなっていました。


20180614-002.jpg
登山道はちょうど花盛りです。


20180614-003.jpg
野鳥もちらほら。


20180614-004.jpg
人見の松。ちょうど中間ぐらいかな?


20180614-006.jpg
ヒメサユリも見頃でした


20180614-007.jpg
樹林帯を抜けるとこの風景(叶の高手)


20180614-008.jpg
山の主、巨大なクロベ


20180614-009.jpg
山頂部は巨大な岩稜地帯
かなりの急勾配です

20180614-014.jpg
6月半ばにしてこの残雪
豪雪地帯であることを伺わせます。


20180614-010.jpg
会津朝日岳の山頂1624メートル


20180614-011.jpg
山頂からの風景


20180614-012.jpg
まだ雪多い飯豊連峰も綺麗に見えました



続きを読む
タグ:会津朝日岳
posted by とぼおじさん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本二百名山