2017年03月24日

山より野鳥

望遠レンズを入手してから鳥の写真ばかり、しばらく山はお休みしています。
つくば市のつくし湖と日立市の小木津山自然公園で撮った鳥の写真です。

つくば市のつくし湖にて
20170312-001.jpg
カワウ かな?
こんなところにもいるんですね!


20170312-005.jpg
飛翔中の鳥に向けてカメラを振り回し、偶然撮れた一枚


20170312-008.jpg
「何見てんだよ!」みたいな鋭い目が印象的


日立市の小木津山自然公園にて
20170320-002.jpg
南展望台から朝の太平洋を望む


20170320-008.jpg




20170320-009.jpg
ルリビタキさんですか?



20170320-019.jpg
コゲラさんかな?



20170320-027.jpg

posted by とぼおじさん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | とほほな日々

2017年02月18日

稲波干拓地のオオヒシクイ

2017年2月12日 稲波干拓地と浮島妙岐ノ鼻で

昨日の新聞で稲敷市のオオヒシクイの記事が出ていたので見に行ってきました。
場所は霞ヶ浦南岸の小野川下流にある稲波干拓地です。ここは関東地方唯一の越冬地で、昨年秋にロシアのカムチャッカ半島から飛来したとのことです。現在131羽いるとのこと。今期は朝に飛び立ってしまうことが多いとのことでしたが、到着した朝7時、ちょうど飛び立つところに間に合いました。翼を広げると2メートル近くある大きな鳥が一斉に飛び立つ姿は迫力がありました。

帰りに近くの浮島妙岐ノ鼻鳥類観察小屋に行ってみました。野鳥観察小屋や湿生植物を観察できる木道が整備されています。今は少ない時期らしいですが、それでもたくさんの小鳥たちを見ることができました。是非お立ち寄りください!(GWあたりがいいそうですよ)

稲波干拓のオオヒシクイ

「妙岐ノ鼻」浮島地区

20170212-004.JPG
稲波干拓地のオオヒシクイ 日の出の頃、海に向かって一斉に飛び立ちました


20170212-001.JPG
浮島妙岐ノ鼻鳥類観察小屋


20170212-002.JPG
広さは50ha、東京ドーム約10個分もの広大な湿原


20170212-011.JPG



20170212-005.JPG



20170212-006.JPG



20170212-008.JPG



20170212-009.JPG



20170212-010.JPG



20170212-007.JPG
湿原の中の野鳥観察小屋
posted by とぼおじさん at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | とぼおじさんの写真日記

日立市の赤羽緑地で野鳥観察

2017年2月4日 赤羽緑地(日立市)

市街地にあって手軽に野鳥が観察できる貴重な場所です。周囲の樹林と池に生えているヨシやガマが野鳥の営巣地になっているんですね。

最後の写真、コガモのシンクロナイズドスイミング!足バタバタが可愛すぎ〜(#^_^#)
鳥の名前はわかりませ〜ん「可愛い小鳥」でいいやヽ(^0^)ノ

20170204-022.JPG


20170204-011.JPG


20170204-001.JPG


20170204-005.JPG


20170204-006.JPG


20170204-010.JPG


20170204-013.JPG


20170204-014.JPG

posted by とぼおじさん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | とぼおじさんの写真日記

2016年12月30日

2016年登り納め

年末にもう一度登ろうと思っていましたが体調が思わしくなく、この日が2016年の登り納めになりました。
立身岩の上から600mmで富士山を撮ってみました。
空気が澄んだ冬の時期は新宿のビル群までクッキリ、等倍にすると車まで確認できるほどでした。

来年は南アルプスと飯豊を目標に、体力UPに励みたいと思います。


DSC_0973.jpg
筑波山の立身岩から日の出を待ちます


DSC_1004.jpg
鹿島臨海工業地帯の工場群


DSC_1013.jpg
富士山もクッキリ


DSC_1018.jpg
スカイツリーや新宿ビル群も
posted by とぼおじさん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 筑波山

2016年12月17日

蔵の街を歩く(栃木市)

2016年12月11日 蔵の街、栃木市内を歩く

三毳山(みかもやま)の後、「蔵の街」として知られる栃木市内を散策してきました。

栃木市は江戸時代から市の中心部を流れる巴波川(うずまがわ)を利用した交易によって栄えてきた街なんですね。

市内には江戸〜大正時代を語り継ぐ歴史的な建造物がたくさん残されています。この街の魅力は、そんな歴史と文化が現在の日常生活の中に溶け込んでいること。なんとなく懐かしさが感じられる素敵な街でしたよ。

20161211-144.JPG


20161211-163_edited-1.jpg


20161211-170.JPG


20161211-171.JPG


20161211-179.JPG


20161211-186.JPG


20161211-190.JPG


20161211-192.JPG
posted by とぼおじさん at 11:34| Comment(1) | TrackBack(0) | とぼおじさんの写真日記