2016年11月19日

大河の一滴が生まれるところ 荒海山を登る

2016年11月5日(土) 荒海山

大河の一滴ここより生まる

栃木県と福島県との県境に位置する荒海山は日本海側と太平洋側を分ける中央分水嶺上にあり、山頂には標記の文字を記した阿賀野川水源の標があることで有名です。本来の登山道は会津鉄道の会津高原駅近くから荒海川に分ける林道沿いに登山口があるのですが、林道の崩落で現在は通行止めになっています。

20161105arakai_root.jpg

現在の登山口は国道352号沿い、戸坪沢近くの広いチェーン脱着所の向かい側にあります。
駐車場5:45−6:55登山道合流地点−8:45荒海山(往復)9:20−11:50駐車場


20161105arakai.jpg
距離:約8.1km 累積標高差:約920m 行動時間:約6時間


20161105-045.jpg
国道352号沿いにある広いチェーン脱着所に駐車して出発です。
向かいにある「前澤曲家集落」の看板が目印です。

20161105-004.jpg
本来の登山道なので木の根が多く、歩きにくいところや分かりにくいところがあります。
こまめに赤や黄色のテープがあるので、見落とさないように歩きます。

20161105-026.jpg
尾根に出ると快適な登山道になります。
新緑もいいですが、葉が落ちたこんな風景も大好きです。

20161105-025.jpg
木漏れ日に輝く苔が美しい!


20161105-013.jpg
頂上付近の南稜小屋
面白い看板がありました!!

20161105-014.jpg
荒海山の山頂(1580メートル)


20161105-020.jpg
これが阿賀野川水源の標
これを見るために登ってきました。

20161105-022.jpg
頂上からは360度の展望、素晴らしい眺めです。
奥に見えるギザギザの山は七ヶ岳(ななつがたけ)

20161105-041.jpg
こんなきれいな蝶が飛んでいました


20161105-043.jpg
麓の駐車場付近は紅葉の見頃でした。

下山時には木の根に滑って何度も尻餅をついてしまいました。
特に危険ということはありませんが要注意です。歩きにくくて疲れました。

写真アルバムはホームページ「とぼとぼ山歩き」まで
posted by とぼおじさん at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本三百名山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177728495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック