2014年11月03日

初冬の以東岳へ

10月最終日の金曜日に代休をいただいたので、山形県の以東岳を登ってきました。
当初は三連休と絡めて飯豊連峰の縦走を考えていたのですが、10月中頃に既に冠雪していることや連休後半の悪天候を考慮して予定を変更しました。
朝日岳には先月、古寺鉱泉から大朝日へのピストン登山をしたのですが、その時からすっかりこの山域が気に入ってしまい、いつかは全山縦走をと思っているのですが、今回は東の登山口となる以東岳への下見の意味合いもあるのです。

20141031-067.jpg
登山口の泡滝ダムへは、山形自動車道の庄内あさひICから荒沢ダム方面に進み、タキタロウ公園から東大鳥川沿いの林道に進みます。林道終点には約30台程度が停められる駐車スペースがあります。駐車場周辺の渓谷は紅葉が見事でした。この日は平日ということもあって先行者は1人のみ、以東岳日帰り予定とのことで先に出発していきました。自分は大鳥池にテント泊の予定なので、景色を楽しみながらのんびり支度をして出発しました。


20141031-071.jpg
林道終点に登山口があります。


20141031-073.jpg
七ツ滝沢まではほとんど登りはなく、このような快適な散歩道が続きます。
ただし、石が枯葉に隠れているので時々足をとられました。
とても美しいブナ林が続きます。

20141101-161.jpg
七ツ滝沢周辺の登山道脇には至るところで天然水が湧いています。柄杓が置いてあるところもあって、美味しい水を味わいながら歩けます。


20141031-077.jpg
渓谷沿いの紅葉もまだまだ見事でした。
この辺りまで紅葉散策に出かけても十分に楽しめそうなところです。

20141031-089.jpg
途中、冷水沢と七ツ滝沢で吊り橋を渡りますが、既に積雪対策として踏板が外されていました。
写真で見るより高度感があるので高所恐怖症の方には辛いかも。
雨に濡れて横に渡してある鉄パイプがすべるので、一歩一歩慎重にわたりました。一か所パイプが無いところがあるので要注意です。

20141031-094.jpg
大鳥小屋に到着、写真を撮りながらのんびり歩いて約3時間ほどかかりました。小屋は既に営業終了しています。トイレも使えません。


20141031-095.jpg
小屋の前から見える大鳥池
大鳥池は伝説の巨大魚タキタロウが生息しているといわれている池です。とても透明度の高いきれいな水で、確かに何かいそうな雰囲気がありました。

20141031-103.jpg
湖畔のキャンプ場
とても広くて下草がふかふかしていて快適な寝床ができました。小屋が終了しており水場も断水しているので、水は荷揚げるか途中の沢で汲んでくる必要があります。この日の利用者は自分一人だけでした。夜は静かな湖面に月が映って、それはそれは美しく神秘的な風景でした。三脚を持ってこなかったのを悔いました。

20141031-107.jpg
翌日は天気が崩れそうだったので、この日のうちに以東岳に登っておくことにしました。
湖畔を少し進んだところにオツボ峰への分岐点がありました。以東岳まではオツボ峰経由で3時間50分、直登コースで2時間45分の道のりです。

20141031-111.jpg
途中から雪が出てきました。雪質はザラメなので中途半端に滑りますが、アイゼンは不要でした。
尾根沿いは深いところでも膝下ぐらいでしたが、雪用の靴ではなかったのでテントに戻るまでには靴下までびしょ濡れになってしまいました。

20141031-127.jpg
三角峰からオツボ峰へと続く稜線。このたおやかなる稜線が朝日の魅力です。


20141031-138.jpg
オツボ峰から以東岳へと続く
ちょっとした岩場がありますが、大したことはありません。

20141031-153.jpg
以東岳1771メートルに到着
残念ながら先月登った大朝日は雲の中。この主脈をいつかは歩いてみたいものだ。

20141031-157.jpg
山頂付近に建つ以東小屋
老朽化のため使用不可とのことでした。

20141031-160.jpg
山頂から大鳥池を望む
確かに熊の敷物みたいな形ですね。

20141031-106.jpg
帰りは直登コースを下り、湖畔を歩いてテントに戻りました。
写真は登る時の写真で、帰りは日没で夜道になっていました。ヘッドライトにうかぶ湖面の様子も神秘的でした。

この日の行程は、距離16キロメートル、累積標高差1800メートル、時間約11時間程度でした。

20141101-164.jpg
翌日はテントを打つ雨音で目を覚ましました。やっぱり昨日のうちに登っておいてよかった。
七ツ滝周辺を散策する予定でしたが、雨が上がらないので諦めて下山しました。帰りも見事な紅葉を楽しみながら、のんびりのんびり歩きました。

ますます山形が好きになりました。また何度でも来ますよ!

他の写真は後ほどホームページ「とぼとぼ山歩き」の方で。

posted by とぼおじさん at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | とぼとぼ山登り
この記事へのコメント
再びの山形遠征お疲れ様でした(^^♪
渓谷沿いの山肌の紅葉はとても綺麗ですね〜
こんな素晴らしい景色を見ながらの山歩きでは、11時間の歩きの疲れなんて吹っ飛びますね。
でもテント背負っての11時間だから相当ですかね??
次の山行も楽しみにしております
Posted by つきろくこーひー at 2014年11月04日 17:25
つきろくさん、先月の朝日岳遠征以来すっかり山形の山にハマってしまいました。なんていうか、優しいんですよね〜山が。来シーズン以降も何度も登りたい山域です。
Posted by とぼおじさん at 2014年11月18日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105204518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック