2016年10月31日

世界遺産の白神岳を登る

平成28年10月10日 白神岳

世界自然遺産、白神山地の主峰 白神岳を登ってきました。
以前から歩きたかった白神のブナ林、深浦の登山口からのコースはその本の一角ではありますが、白神山地の広大さを実感できる素晴らしいコースでした。

20161009-005.jpg
前日の夕暮れ 日本海に沈む夕日が新鮮


20161010shirakami_root.jpg

五能線の「白神岳登山口駅」から標高200mに設置された駐車場が登山口です(休憩所とトイレ完備)

登山口6:00−7:00二股分岐−8:10蟶山分岐−9:30十二湖分岐−9:40山頂(往復)10:00−12:50登山口


20161010shirakami.jpg
累積標高差1,420m 距離14km


20161010-034.jpg
登山口から快適なブナ林が続きます。久しぶりに森の香りを堪能しました。



20161010-014.jpg
蟶山コースの途中から。
日本海を眺めながらの快適な登りです。


20161010-023.jpg
白神岳山頂(1,232m)
広い山頂です。向こうに見えるのは避難小屋とトイレです


20161010-026.jpg
笹内川を挟み、白神山地の核心地域のブナ原生林の大パノラマが広がります。

「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布している」ことが世界遺産登録の理由だそうですが、確かに広い!

避難小屋に一泊すれば十二湖方面に周回できるのですが、今回は日帰りで往復することにしました。
次の目的地、八甲田山に向かいます。

写真はホームページで「とぼとぼ山歩き



posted by とぼおじさん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 二百名山