2016年01月03日

2016年登り始めは谷川岳

2016年の登り始めに谷川岳に行ってきました。
日本海側にできた低気圧の影響で各地の山で強風の予報が出ている中、谷川岳は比較的穏やかな予報だったので出かけたのですが、予想以上にいいお天気で風もほぼ無風、春から初夏にかけての雪山のような雰囲気でした。

コースはロープウェイを利用して天神尾根を登りました。

谷川岳ベースプラザ(駐車1000円)−ロープウェイ天神平駅9:00発−熊穴沢避難小屋10:00−肩の小屋11:30−トマノ耳11:40−オキノ耳(谷川岳山頂)12:00−天神平駅14:00着(ロープウェイ最終時間は16:30)

20160102-061.jpg
ロープウェイで一気にスキー場の1320メートル地点へ、ゲレンデの右側から登り始めます。
どう見てもふかふか雪なので、ここでスノーシューを装着しました。

風は無風、歩き始めるとすぐに汗が噴き出るほどのポカポカ陽気です。中間着のフリースを脱ぎ、メリノウールの下着一枚にレインレアのみで登りました。(山頂部でもこれで寒くありませんでした)


20160102-136.jpg
樹林帯の登山道から見える谷川岳。久し振りの雪山に気分が高揚します。
こうしてみると、とても近く感じるのですが、結局山頂までには2時間40分ほどかかりました。


20160102-076.jpg
熊穴沢避難小屋
例年見る冬期の写真ではほぼ屋根まで積もっていましたが、やはり今年はだいぶ雪が少ないようです。


20160102-089.jpg
ふかふかの雪をひたすら登ります。
先行の方がトレースを切ってくれたので助かりました。
ツボ足で歩いている方も数名いましたが、ほぼスノーシューの方々と同じタイムで登っていてびっくりしました。すごい体力です。


20160102-102.jpg
肩の小屋から仙ノ倉岳、平標山方面の尾根道。
登山を始めた頃、この稜線を見てすっかり山にハマったところです。雪の風景も見事な絶景です。


20160102-105.jpg
トマノ耳に到着1963.2メートル
360度の絶景を楽しみました。


20160102-112.jpg
オキノ耳に向かいます。右側は切れ落ちていて雪庇ができていますので要注意です。


20160102-122.jpg
オキノ耳1977メートルからトマノ耳を望む


20160102-127.jpg
岩にはエビのシッポができています。何となく逆に思っていましたが、エビのシッポは風上側に発達するそうですね。


昨年末にはちょとした怪我をして、まったく雪山訓練ができていなかったので半ばあきらめていましたが、運よく好天に恵まれ、最高の登り始めになりました。今年は雪山テントはあきらめ、あと何度か日帰りで登れたらと思います。

今年登りたい山は南アルプス最南部、北アルプス双六・三俣蓮華・大キレット、大山、宮之浦岳、四国の山々などなど。
一つでもいいから叶うといいなと思います。

残りの写真はホームページをご覧ください。とぼとぼ山登り
posted by とぼおじさん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | とぼとぼ山登り